投資家本田さんの仮想通貨ブログ

仮想通貨の情報まとめブログ

イギリス出身の人です

ここでは仮想通貨の情報を皆さんで共有出来たらと思います。
皆で一緒にお金儲けをしましょう!
もちろん、投資は自己責任でお願いしますよ~!

もしブログが少しでもいいなって思ったら、右下のSharpayボタンからシェアをしてもらうと、無料でSharpayトークンがエアドロップされますので、もしよかったらお願いします!(1記事、1回までシェアできます。)

Twitter の登録はこちら: https://twitter.com/honda_k_investe
投げ銭お願いします:https://monappy.jp/u/honda_k_investe
本田さんが欲しいもの:https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/2ZZJD2T4TTX15

5
  unnamed
公式ページはこちらから登録をお願いします。


最近のアップデートがすごかったので3回目のブログを更新します。

※投資はリスクがあります。最後は自身でよく調べ、自己責任で投資をしてください。
 下記はあくまで個人的な意見であり、投資アドバイスではありません。


私が参加しているSKYFチェーンについてすが、非常に良いアップデートが多いです。今日はもう三度目になりますが、最近のアップデートを更新していこうと思います。

SKYFは将来大型商業ドローンのマーケットシェアを握る可能性が非常に高いと私は信じています。


①モンスターバイバックプログラムがある。

これは私が見逃していたところなのですが、Pundixのように買い戻しプログラムがあります。ちなみにその金額は最大5000万ドル!約50億円です。ちなみにこの前Pundixが約20倍になりましたが、それは合計1億円のバイバックです。それだけで、Pundixはあっという間に20倍になりました。なぜかというと1億円でも、アルトコインにおいては大金なのです。50億円を買い戻ししたらどうなるんでしょうか。。。。

参考までに、バイバック実施直後のPundixの当時のチャートです。
無題
0.07円→1.6円まで暴騰しました。なんと22倍です!!

私はこれで今年は相当お金を稼ぐことが出来ましたw私がPundixで投資した時の記録は、下記のブログリンクで見ることが出来ます。⇒


~~~~~~~~~~
出ました!夢を見るたーーいむ!
無視してください。これは私の夢だから

NPXSが1億円で22倍になりました。
Skyfは50億円だから・・・22倍×50 = 1100倍!(笑) 

10万円で1億円?!w

んーさすがにありえないんじゃないか?夢見すぎですね。
~~~~~~~~~~

まあ、投資に絶対はないです、実際失敗のほうが多いです。だから夢の見すぎは良くないですねw

あくまで最高にうまくいったときの話です。うまくいかないケースのほうが多いですから。だけども私がさらに追加投資を決めたのは実はこれが理由ですww

Pundixと同じことをSkyfに期待していますし、なによりバイバックプログラムがPundixの50倍の規模で行われます。投資というのは絶対はないのですが、どうしても期待してしまいます。。このバイバックは2023年までに順次行われるということなので、私は2023年までガチホを頑張ってしようと、今のところは思っています。

いっくら下がってもバイバックの発表があればすぐに上がるでしょうから、あまり関係ないと思っています。逆にトレードをすることによる、機会損失を失いたくないです。。。。


②SKYFのドローン生産拠点が3倍に拡大!

プロトタイプ(試作品)をテストするために、拠点を3倍に拡大しました。これで生産設備として、月産3~4台の大型ドローンを作れることとなります。また、プロトタイプを作ることで評価試験ができるようになりますので、2020年に向けた本格量産へ向け開発スピードがあげられることになります。

ちなみにテスト機は既にあります。↓



③ハバロフスク地方政府と、実証試験実施について調印
a
これでハバロフスク地方でドローンの飛行テストを行えるようになります。以前のブログでも紹介しましたが、実はロシア政府の影がちらちら見えるプロジェクトです。

まだ記事の途中ですが一応過去記事貼っておきます
最初の記事
2回目の記事


④実は一番の収益源はプラットフォーム使用料

Skyfは実はドローンが一番の収益源ではありません。ブロックチェーンを使った物流プラットフォームの特許をとっており、そこがメインの収益源となる予定です。まさに私の大好きなメディカルチェーンの物流バージョンです。わかりにくいと思うので参考までに図を↓に添付します。
Dez_J7SU0AAQE7_

De0hQgLV4AAcim5

また、仕組みとしては、日本にも同じようなコンセプトの会社があり、説明している記事がありましたので、こちらのリンクを覗いてみてください。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000028886.html

正直な話ドローンが全く売れなくてもいいのです、プラットフォームを、物流業界及びロボット業界が使ってくれればいいわけです。また、ブロックチェーン技術で作ったこのプラットフォームの特許もとっているわけですから非常に強いです。

ドローンだけでなく、無人トラック、無人航空機、無人貨物船、ロボットなどなども巻き込むプラットフォームになる予定です。私はものつくり関係なので、特許の大事さは非常にわかっているつもりです。例えばSKYFと同じプラットフォームを作りたいとすれば、作ることは可能です。ただし、SKYFに(例えば)儲けの5%とかを渡さなければなりません。特許といえば特許お化けのイマージョン社がありますが、イマージョン社は特許だけで年に700億円近く稼いでる会社です。それだけ特許をとれていると強いのです。。。


⑤多国籍企業に対してプレゼン!

m-gsraTm
つい最近のことですが、大手企業を相手にプレゼンを行いました。

ハイネケンロシア  (ビール会社)
ユニリーバ     (家庭消費財のメーカー)
ギリシャコカ・コーラ(ソフトドリンクのメーカー)
キューネアンドナーゲル (物流会社)

等々、素晴らしい企業に対してプレゼンを行いました。今後の展開が待たれます。

以上ですが、3度目の記事なのに、こんなに豊富にいろいろ書けるICOはSkyfが初めてではないでしょうか。



まだまだ新しい発表は予定されているらしいです。
運営側が非常に積極的に動いていますし、各方面からもサポートが手厚くあるので
今後の展開に非常に期待しています。

公式ページはこちらから登録をお願いします。

 


余裕がある方は是非検討してみましょ~(;^ω^)
ICO実施期間:2018-03-10 - 2018-06-15
もうすぐプレセールは終わりますね。。

公式サイト
Token
SKYFT
Price
1 SKYFT = 0.065 USD
Bonus
Available
Platform
Ethereum
Accepting
ETH, BTC
Minimum investment
3000 SKYFT
Soft cap
5000000 USD
Hard cap
30000000 USD
Country
Estonia





もしよろしければフォローしてやってください('◇')ゞ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5
Untitled


※投資は自己責任です。
 このブログは全て個人の意見であり、投資アドバイスではありません。
 投資の際は良く調べ、自己責任で投資をお願いします。

私のブログには読者の皆様、そして私自身がエアドロップされる仕組みがあります。結果を報告する前に、仕組みを簡単に説明します。

ブログ読者の皆様
記事を読む→この記事をシェアしたい!→記事下のShareマークをクリックして各SNSでシェアをする。→シェアされた投稿が誰かにクリックされれば1クリックごとに1Sharpをエアドロップ。

ブロガーの場合
記事を投稿する→ブログ読者がシェアをする。→1シェア毎に1Sharpをエアドロップ、そのリンクをクリックされると1Sharpがエアドロップされます。

ちなみにSharpayは現在ICOを実施中なのですが、ICO価格が 1Sharp = 0.00003ETH = 約2円です。仮に読者様のフォロワーさんが合計50クリックしただけで100円がタダでもらえるわけですね。しかも仮想通貨はボラティリティが大きいですし、このSharpayはICO評価も高い実需トークンでもあるので、価格が大幅に上がる可能性もあります。

そんなSharpayですが、1か月くらい運用して、どれくらいの金額、私は稼ぐことが出来たでしょうか。報告をしてみたいと思います。
Untitled
32 Sharpを獲得しました! これは0.00096ETH分となり、約70円の収入となります。私がやるとこの程度ですが、優れたインフルエンサーが行うと、それこそ凄い金額を稼ぎ出すことができるのでしょう。私もただただブログを書いているだけで収入が入ってくるので、非常に嬉しいです。また、ブログへ導入するのが非常に簡単という事もあり、私のLivedoorブログにもすぐに反映させることが出来ました。今後、少しづつ広まってくと考えています。私は新しいものが好きなのですぐに導入しましたが。もちろん使っているブロガーが増えると、Shapayの需要が増えて価格が上がることにもなりますので、今後のSharpayの価格動向も、見ていきたいと思っています!

気になった方、さっそくブログ記事したにあるボタンからシェアしましょう!笑
a
↑の画像が下にありますので、そちらをクリックしてください。



私が参加中のプレセール 一覧は下記です。

①Abyss : 当時のブログはこちら

世界初のDAICO、トークンセールです。世界初のICO、イーサリアムは5000倍にもなっています。このDAICOはICO規制があるアメリカ国民でも参加できるプレセールです。プレセールでBNBトークンも使われていることから、海外ではBinance上場のうわさもあります。あくまで噂です(笑)この前中国ソフトウェア開発最大手Kingsoftとの提携を発表しています。ゲーム関係


②Skyfchain:当時のブログはこちら

世界初、欧州で飛行許可が出ている重量ドローンのプロジェクトです。日本での販売権は日本国内閣府で賞を取ったことがある会社が行っています。また、ブロックチェーンを使ったドローン技術で特許を取得しています。ロシアの油田会社、ロシア郵便、大手農薬会社等々と提携しています。ドローン関係


③Eiracube:当時のブログはこちら


非常に多くの欧州のショッピングモールと大手不動産会社を通して提携しています。プロジェクトが成功すれば、欧州で、完全無人店舗がいくつも出来るでしょう。今世の中に存在している無人店舗は製品の陳列があり、完全無人ではありません。無人店舗関係


④Safecrypto:当時のブログはこちら


非中央集権型取引所を作り、トップの座を取ろうとしている通貨です。Dump対策がたくさん取られており、仕組みは今暴騰しているPundixのそれと似ています。よく考えられた通貨価値UPの戦略がとられています。取引所関係。

⑤Sharpay:当時のブログはこちら


まさに私のブログで採用しているエアドロップシステムです。これは広がるかも!と思って投資をしています。導入が簡単で、ブログの作成者、読者ともにメリットがある仕組みです。非常に簡単で使えます。新しいエアドロップのプラットフォーム関係


エアドロップはこちらです

①Cliptoken:当時のブログはこちら
Nanj、Vips、モナコインに続く2チャンネル系のコイン。参加だけして、8000CLIPをもらえるだけもらっておきましょう。更に運が良ければ追加で0.01BTCと、400万CLIPが当たる。すでに8000人以上が参加してる模様。2チャンネル関係


👇からシェアをし、そのシェアしたものをあなたのフォロワーがクリックすると、1クリックに付き、1Sharpay(約2円分)がエアドロップされます

a



もしよろしければ、ツイッターのフォローをお願いします!(;^ω^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5
1_p2G0H1P1Rub4gLcgKiBw4w


※投資は自己責任です。
 このブログは全て個人の意見であり、投資アドバイスではありません。
 投資の際は良く調べ、自己責任で投資をお願いします。

メディカルチェーンに大きなアップデートがありました。
私がメディカルチェーンを推す理由とともに、一度ブログにまとめたいと思います

日本語コミュニティ↓



①世界五大医学雑誌「BMJ」に特集記事が掲載されました。⇒特集記事リンク
1502177654928
Impact Factorと言って、論文などがどれだけ引用されたか、という数値を見ることによって、その業界にこの雑誌が影響力があったかを見ることができます。

2017年の医学誌のImpact Factor世界TOP7をみてみましょう。

1位:New England Journal of Medicine  72.406
2位:Lancet              47.831
3位:JAMA               44.405
4位:BMJ               20.785
5位:Annals Of Internal Medicine    17.135
6位:Plos Medicine           11.867
7位:Mayo Clinic Proceedings        6.686
・・・
ちなみに日本トップの医学誌はCancer Scienceの3.974です。日本はきっとガン研究が進んでいて、世界から注目を受けてるのでしょうね。

4位のBMJと、7位のMay Clinic Proceedingsは、メディカルチェーンと深く関係のある医学誌といっても過言ではないと思います。そしてImpact Factorも世界でも屈指の実力を持ちます。


Mayo ClinicとMedicalchainは、提携こそしていませんが、Mayo Clinic研究医の最高幹部がメディカルチェーンのアドバイザーをしています。

無題

そして、このRobert Miller氏の息子、Robert Miller Jr.はメディカルチェーンの幹部として、メディカルチェーンに在籍しています。このことはメディカルチェーン側からは何も宣伝はしていないのですが、コミュニティ内で質問をしたところ、その関係性がわかりました。

a



②そして、今回、このRobert Miller Jr.氏が、かの有名なConsensus 2018でスピーチを行いました。
DdQmvdCWsAEgAqx

DdQssoLXcAAS9n9

特に大きな発表はなかったのですが、Consensusに医療系で招待されたという事だけでも仮想通貨関係者から将来を期待されているとわかりますね。そして、今回一緒にスピーチを行った、Change Healthcareは興味深い会社です。
we
なんと、アメリカ国民全体の20%の電子カルテを取り扱っている大企業です。これについては何も発表はありませんが、今回合同でパネルディスカッションをしましたし、今後の提携等があると非常に良いかと思います。

(日本語コミュニティではこの提携発表がコンセンサスであるんではないかという予想がされていました。結果的に何もありませんでしたが…)


③ドバイ政府が所有する、DubaiTVにインタビューされました。
DdLQFx4WkAEPVoc
ドバイテレビはドバイ政府が所有するドバイ・メディア・インコーポレーテッドが所有しています。つまりドバイ国営の放送局です。


④ロンドン大学のimperial collegeにて、講義を行いました。
DdAcLzQX0AARE8d
もう何度目のロンドン大学での講義になるでしょうか。今回は起業について、大学生にアドバイスをおくったそうです。


⑤実証試験時期が迫っています!
73
日本語記事

7月に英国民健康サービスNHSとの実証試験が始まります。試験へ向け、プラットフォームが出来上がりました。その名もMyclinic.com
DdTn1tFWkAAvMVn

ちなみに、決済については、MTNだけでなく、法定通貨「英国ポンド」を利用して決済をした場合も、MTNのその時のレートに瞬時に変換され、支払いがされるそうです。なので、患者さんは何も意識せずとも、知らず知らずにMTNを使っていることになります。実証試験は7月から、30,000人の患者が、Medicalchainに触れることになります。実証試験はおそらく11月ごろまで、続くそうです。その後、より大きな展開を期待できそうです。投資的な視点で言うと、この支払いや、遠隔診療、カルテの利用などを通じてメディカルチェーンの需要が高まれば高まるほど、通貨の価値は上がっていくことになります。メディカルチェーンは実需で価値を上げていくトークンなので、実際に運用され始めてから、価値を上げていくであろうと予想できます。

私は仮想通貨FXや、仮想通貨で得た利益を、少しずつメディカルチェーンに入れて行っています。なぜ、私がメディカルチェーンに投資した利益を回しているか。銘柄選定のポイントを下にまとめます。


仮想通貨の銘柄選びは実は非常に簡単だと思っています。なぜかというと、ほとんどの通貨が「仮想」なんです。コインマーケットキャップを見てみましょう。
s
大半の投資家は「おそらく成功するであろう」銘柄にお金を集めていると思います。しかしその会社に実態はありますでしょうか?提携は多くしていますが、この先大きく伸びる可能性があるでしょうか?今後予想される大型アップデートで本当社会を大きく変えられそうですか?


そういった観点から考えると、おのずと投資できる対象は絞られてくるはずです。このコインマーケットキャップトップにいる通貨達も実は期待値だけ高く、実現可能性は極めて厳しいものは沢山あると思います。


メディカルチェーンについては、すでにNHSとの実証試験が決まっており、実現可能性が非常に高い投資対象だとみています。世界で初めて実際に本格運用されるブロックチェーンが仮にメディカルチェーンになるとすれば、投資対象としての期待値は非常に高いものになります。


そして、イギリス国家予算の約25%を使うNHSの予算を、medicalchainによって人員削減、工数削減出来る可能性があります。イギリス政府が予算の確保に毎年非常に困っているNHSの費用が減ることは、イギリス政府も大歓迎でしょうし、実証試験がうまくいけばそれこそイギリス全土、国民6000万人が使うプラットフォームになる可能性があります。


投資は全てタイミングよく、いかに平均取得単価を低く手に入れるか、が重要なので現状過小評価されているメディカルチェーンを今のうちから少しづつ仕込みをしておこうと思っています。仮想通貨は現在、ニュースなどで期待を集めた買いが入り、発表時の投資家の失望売りで下げる、と言う流れがありますが、仮想通貨界初めての、期待で買われ、事実で買われる通貨になってほしいと願っています。

前回のメディカルチェーン記事




私が参加中のプレセール 一覧は下記です。

①Abyss : 当時のブログはこちら

世界初のDAICO、トークンセールです。世界初のICO、イーサリアムは5000倍にもなっています。このDAICOはICO規制があるアメリカ国民でも参加できるプレセールです。プレセールでBNBトークンも使われていることから、海外ではBinance上場のうわさもあります。あくまで噂です(笑)この前中国ソフトウェア開発最大手Kingsoftとの提携を発表しています。ゲーム関係


②Skyfchain:当時のブログはこちら

世界初、欧州で飛行許可が出ている重量ドローンのプロジェクトです。日本での販売権は日本国内閣府で賞を取ったことがある会社が行っています。また、ブロックチェーンを使ったドローン技術で特許を取得しています。ロシアの油田会社、ロシア郵便、大手農薬会社等々と提携しています。ドローン関係


③Eiracube:当時のブログはこちら


非常に多くの欧州のショッピングモールと大手不動産会社を通して提携しています。プロジェクトが成功すれば、欧州で、完全無人店舗がいくつも出来るでしょう。今世の中に存在している無人店舗は製品の陳列があり、完全無人ではありません。無人店舗関係


④Safecrypto:当時のブログはこちら


非中央集権型取引所を作り、トップの座を取ろうとしている通貨です。Dump対策がたくさん取られており、仕組みは今暴騰しているPundixのそれと似ています。よく考えられた通貨価値UPの戦略がとられています。取引所関係。

⑤Sharpay:当時のブログはこちら


まさに私のブログで採用しているエアドロップシステムです。これは広がるかも!と思って投資をしています。導入が簡単で、ブログの作成者、読者ともにメリットがある仕組みです。非常に簡単で使えます。新しいエアドロップのプラットフォーム関係


エアドロップはこちらです

①Cliptoken:当時のブログはこちら
Nanj、Vips、モナコインに続く2チャンネル系のコイン。参加だけして、8000CLIPをもらえるだけもらっておきましょう。更に運が良ければ追加で0.01BTCと、400万CLIPが当たる。すでに8000人以上が参加してる模様。2チャンネル関係


👇からシェアをし、そのシェアしたものをあなたのフォロワーがクリックすると、Sharpayがエアドロップされます

a



もしよろしければ、ツイッターのフォローをお願いします!(;^ω^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ